花嫁さんのコンプレックスもヘアメイクでカバー!?

花嫁さんのコンプレックスもヘアメイクでカバー!?

これから「花嫁さんになろう。」という人もいるでしょう。

結婚式に欠かせないのがヘアメイクです。

モデルのような女性なら悩むこともないかもしれませんが、髪だったり、顔だったりのコンプレックスを持っている人の方が多いのではないでしょうか。

花嫁のコンプレックスに感じる顔の悩みは「顔が大きい」「丸い」「長い」などが挙げられるそうです。

また、「目が小さい」「目のくまがひどい」などの悩みも聞かれるそうです。

しかし、ヘアメイクとはプロが作り込んでこのコンプレックスがなかったことになるくらい美しく変身できます。

目の錯覚や視覚効果を使って、バランスを整えて気にならないようにするという技術を利用するそうです。

それぞれの顔の形をカバーする方法や避けたほうがいい方法などもあるので、スタッフに相談するといいのではないでしょうか。

一生に一度の結婚式は女性にとって人生で一番のイベントです。

その時に自分の美しさが最大限に表現されれば、この上ない幸せですよね。

コンプレックスもヘアメイクで整えて、結婚式には一番美しい花嫁になってください。

花嫁さんの顔の形でヘアメイクが変わります

顔の形についての悩みを持った花嫁さんは多いのではないでしょうか。

しかし、ヘアメイクを施すとその人の美しさに磨きがかかります。

ベース顔の女性ならヘアスタイルは下にボリュームを持たせるものは駄目だそうです。

逆にエラから上に向かってふくらみや丸みを持たせると見る人の視線も上に上がって気になるコンプレックス部分から視線を外してもらえるのではないでしょうか。

前髪を下ろして額や顎など張っている部分を隠すのもいいようですがおでこを出したり大きなシニヨンは避けたりした方が良いようです。

では丸顔の方はどうなのでしょう。

トップにシニヨンを作ることでシルエットを長く見せると丸顔が目立たなくなります。

髪の毛を下ろしたいと希望しているのなら、逆三角形を作るつもりでメイクをすると細長い印象になるそうです。

しかし、顔にピッタリとつけるようなヘアスタイルは顔が強調されるので避けたほうがいいでしょう。

面長の方は縦のラインを強調されすぎないようにふんわり感を意識してヘアメイクするといいようで、前髪は下ろすと顔の長さが和らぐのでお勧めです。

ヘアメイクで花嫁を素敵に演出

高さを出したい場合は横にもボリュームを出すことでバランスが取れます。

自分のなりたい花嫁のイメージはできたでしょうか。

後は、プロのメイクさんとも相談して現実のものにしてください。